春秋堂ギャラリー 

掛軸 掛軸について四季掛祝掛節句佛掛縁起物
◇掛軸~はじめに~◇

掛軸は、床の間の掛け物としてつくられました。
床の間が作られるようになったのは、鎌倉時代が始まりだとされています。
もともと中国より伝来した後、日本の気候風土や生活様式によく調和するように表具師によって研究・伝承され、書画の鑑賞・保存・管理に適した日本独特の美術工芸品です。
また、掛軸は気温・湿度に敏感ですので、掛け方や保存には配慮が必要です。

◇掛軸の取扱について◇

最初の1ヶ月間は晴れの日を選んで、3日に1日の割合で掛け、2日は休ませることを繰り返して下さい。
その後掛ける時は、3日以上は続けて掛けないように、特に一週間以上の掛け放しは極力避けて下さい。
空調が強く乾き過ぎたり湿度の高い室内、又雨や風の強い日、日光のあたる場所は、ソリやシミの原因となりますので避けて下さい。 時季に合わせて掛ける掛軸の画題を選んで下さい。

掛軸の掛け方について
掛軸の掛け方について
  • 軸箱から掛軸を取り出し、巻緒を解き、畳の上で一文字のところまで広げ、巻緒を目だたないように左側によせ、風帯の巻きくせを直します。
  • 右手に矢筈を持って掛緒に掛け、左手で袱紗を添えて表具の中央をささえて立ち上り、床の間の軸賭け用の釘に掛緒を掛けます。
  • 矢筈を右側に立てかけて置き、つぎに両手で軸先を握って静かに下ろします。巻癖がついてしまった時は、軽くひと巻程度逆巻にして直します。
  • 掛け終ったら、少し離れた場所から表具の高さ、左右のバランスなどを点検します。釘が高すぎる場合は掛軸用自在で調整して下さい。
  • 床の間に上手く収まりましたら軸先の両端に風鎮を掛けて再度バランスをとります。
掛軸の収納について
掛軸の収納について
  • 柔かい羽ぼうきで軽くほこりを払います。
  • 矢筈を右側に立てかけ、軸先を持って上の一文字の所まで巻き上げてから、掛けた時と逆の要領で、矢筈で床の間の掛軸掛け用釘からはずして畳の上へ。
  • 畳の上で風帯を折り目通りにたたみ、軸はやや柔かめに巻き、掛緒を右図の要領で巻いて、柔かい紙に包み軸箱に収納します。
◇掛軸の保存について◇
  • 春・秋お彼岸の頃の晴天の日を選んで、時々カビ防止のために虫干しをします。軸箱もかるく陰干しをして、乾いた布でふいて軸を収納します。
  • 掛軸専用の防虫香を利用されることをお勧めします。市販のナフタリンや樟脳はシミの原因となることがあります。
  • 水やカビのシミは、放置するととれなくなります。虫食いや折れシワなども、修理・仕立直しが必要になる場合がございます。

FAX用注文書は
こちらから

【PDFファイル】
【エクセルファイル】
※クリックするとFAX用注文書がダウンロードできます。
プリンターで印刷して各項目をご記入の上、FAXでお送り下さい。